HOME >研究・活動報告ページ

研究・活動報告


・ヒト座位別データベースLSBDのキュレーシオンに関連する倫理問題を説明する実用的ガイドライン

写真 Hum Mutat 31:1179−1184, 2010.&2010
Sue Povey,1 Aida I , Al Aqeel, Anne Cambon-Thomsen,
Raymond Dalgleish, Johan T. den Dunnen, Helen V. Firth, Marc S. Greenblatt, Carol Isaacson Barash, Michael Parker, George P. Patrinos, Judith Savige, Maria-Jesus Sobrido, Ingrid Winship, and Richard G.H. Cotton
原文:Practical Guidelines Addressing Ethical Issues Pertaining to the Curation of Human Locus-Specific Variation Databases (LSDBs)

・日本遺伝カウンセラー学会誌への論文掲載 3,2、66、2010

写真 Human Variome Project (HVP) の経緯と我が国での展望 (0-29) 
宇都宮 譲二 (NPOバイオマーカーがん予防フロンティア
田中 誠 (東京医科歯科大学大学院生命情報科学教育部)

統合型LSDBとしてのMutationView:機能とデータの増補 (0-30) 
大坪 正史 (浜松医科大学 光量子医学研究センター)
清水 信義 (慶應義塾大学 先導研 GSPセンター)
蓑島 伸生 (浜松医科大学 光量子医学研究センター)


・Human Variome Project の会報 Bulletin に日本の展望として以下の論文が紹介されています

Variomic Health Care in Japan - a personal commentary (PDF)
Joji Utsuomiya MD

写真 写真
http://www.humanvariomeproject.org/images/stories/bulletins/hvp_bulletin_19.pdf